ライトアジにおすすめのリールランキング!

ライトアジで使いたいリールは?おすすめランキングベスト5!

 

手軽でたくさん釣れておいしい、それがライトアジの魅力です。

 

船釣りはじめてという方でも十分楽しめて、簡単ながら奥が深くベテランの楽しめるというのが、ライトアジのいいところですね。

 

これから船釣りを始めてみようと思って、ライトアジを選ぶ人も多いのではないでしょうか。

 

この記事ではライトアジで使うリールをおすすめランキングにして紹介していきます。

 

どうせ買うならほかの釣りでも使えるリールがいい、という方もいると思うのでイサキやウィリー五目、ライトヒラメといった船釣りの定番に転用しやすいモデルを中心に紹介していきます。

 

ランキングだけ見たいという方は下の目次のリンクから飛べます。

 

 

ライトアジで使うリールを選ぶポイント

 

まずライトアジのリールを選ぶときに覚えておきたいポイントについてです。

 

ライトアジは小型の両軸リールを使います。バス釣りをしていてベイトリールを持っている場合は、PEライン巻いて使いまわしも可能です。

 

その上で下記の条件を満たしていると良いでしょう。

 

  • 糸巻量はPEライン2号を200メートル以上巻けるのがベスト
  • 他の釣りに流用するなら構造がしっかりしたリールを選ぼう
  • 最初はカウンターつきが使いやすい

ライトアジで主に使うラインはPEラインの1.5号です。

 

ライトアジは浅場狙いが多いので100メートル巻いてあれば大丈夫ですが、同じリールでイサキやウィリー五目などの釣り物もやりたい場合はPE2号200メートルの糸巻量があるものを選びましょう。

 

PE2号200メートルのキャパシティがあると、ライトタックルの船釣りに幅広く対応できます。

 

次に構造についてです。

 

構造といっても難しいことではなく、ギアやドラグ性能が良いものをという意味です。

 

できれば2万円前後のモデルならギア強度もしっかりしていて、ドラグもスムーズです。

 

ライトアジでもマダイや中型青物が掛かることもありますし、他の釣り物でも使いたい場合はある程度丈夫なリールだと安心です。

 

最後にカウンターについてです。

 

カウンターつきリールはシマノのバルケッタシリーズやダイワのライトゲームICVなどがあります。

 

PEラインは基本的に10メートルごとに色が変わるのでラインカラーで水深がある程度わかりますが、カウンターがついていると細かい水深も一目瞭然です。

 

カウンターつきリールのデメリットとしては、カウンターの設定が必要なこと、電池が切れたら交換が必要なことの2点です。

 

設定方法は説明書に書いてあるので自分でもできるほか、釣り具屋で糸を巻いてもらうタイミングでやってもらうこともできます。

 

電池交換はシマノはコイン電池を買えば簡単に交換できますが、ダイワはメーカーに修理出しする必要があります。

 

ライトアジ用リールおすすめランキング

 

シマノ バルケッタBB300HGDH/301HGDH

 

1万5千円前後と少し高め?ですが、これを持っておけば幅広い釣り物に使えます。

 

性能も申し分ないので長く使っていけるでしょう。

 

糸巻量はPEライン1.5号200メートル。ライトヒラメやカワハギ、マルイカ、タイラバなどにも対応、汎用性の高さも魅力です。

 

カウンター標準装備で、電池交換もコイン電池なのですぐに交換可能です(電池交換しても糸巻データは消えません)。

 

モデルチェンジして液晶にLEDバックライトがついて、暗い時間帯でもとても見やすくなりました。

 

 

 

ダイワ ライトゲームICV150H/150H-L

 

カウンターつきで価格も1万円前後と、最初の1台に選んで間違いないモデル。

 

バルケッタBBより60グラム重くなりますが、糸巻量はPEライン2号200メートルと安心のキャパシティ。

 

イサキやライトヒラメ、アマダイ、タチウオなどいろいろな釣り物に対応できます。

 

電池交換はメーカーに修理出しする必要があるのでご注意を。

 

電池が切れてもカウンターなしのリールとしてなら、問題なく使えます。

 

 

 

シマノ ゲンプウXT150/151

 

価格で選ぶならおすすめの1台です。8,000円台とエントリーモデルに最適。

 

カウンターはついていないタイプです。

 

基本性能はバッチリ搭載で長く使っていくこともできます。

 

 

 

ダイワ プリード150SH-DH/SH-DH-L

 

こちらもお手頃価格です。

 

ゲンプウXTよりも若干巻取りが速いモデルです。

 

ゲンプウとスペックはほぼ同じなので、決め手はデザインの好みでしょうか。

 

 

 

アブガルシア ブルーマックス船3


価格が5,000円前後と超リーズナブルでデザインもまずまず。

 

ラインキャパもPEライン2号200メートルとちょうどいいので汎用性があります。

 

ちなみにブルーマックスはシングルハンドル、レッドマックスはダブルハンドルです。

 


page top