船ヒラメ用手巻きリールのおすすめランキング!

ライトヒラメの手巻きリールの選び方とおすすめランキングベスト5!

 

夏ヒラメに冬ヒラメ。

 

ヒラメはほぼオフシーズンがない、船釣りの人気ターゲットですね。

 

船から狙うヒラメは泳がせ釣りで狙うことが多く、手巻きリール(ベイトリール)と電動リールのどちらも使えます。

 

手巻きリールは初心者の方でも扱いやすく、船釣り入門にヒラメを選ぶかたも多いでしょう。

 

この記事では船ヒラメで使う手巻きリールの選び方とおすすめモデルをランキング形式で紹介していきます。

 

 

すぐにランキングを見たい方は、下の目次のリンクから直接ランキングに飛べます。

 

 

ライトヒラメの手巻きリールの選び方

 

まず手巻きリールを選ぶときのポイントです。

 

ポイントといっても難しい内容ではないので、ざっとまとめておきます。

  • 糸巻量はPEライン1.5号200メートル
  • 小型で持ちやすいもの
  • ギアは速いものが◎
  • カウンターはなくてもOK

こんな感じでしょうか。

 

ラインが細いので、一般的な船の小型リールならたいてい使えますね。

 

ヒラメは底にいる魚なので、カウンターはなくても問題ありません。

 

PEラインの色分けとマーキングで水深はだいたいわかります。

 

ただ、ほかの釣り物でも使いたい場合はカウンターがついていると水深が一目でわかるので便利なこともあります。

 

巻き上げの回数が多い釣りなので、ギア比は速いモデルを選ぶと仕掛けの回収スピードが上がります。

 

ライトヒラメとノーマルヒラメ

 

ところで「ライトヒラメ」という用語、わからない方もいると思うので少し触れておきます。

 

 

最近は船のヒラメ釣りで、「ライトヒラメ」や「LTヒラメ」といった釣り方が主流になってきています。

 

ライトなタックルで釣るという意味で、ノーマルヒラメと比較してタックルが軽量になります。

 

  • ノーマルヒラメ:PEライン3号・オモリ80〜100号
  • ライトヒラメ:PEライン1.5号・オモリ40〜60号

 

ラインが細くなると潮受けが軽減されるので、軽いオモリが使えるようになります。

 

ライトなタックルを使うことで、エサのイワシの動き(ヒラメが近くにいると暴れます)や前アタリが明確にわかるようになります。

 

海中の様子がイメージしやすくなり、さらに釣り人の負担も軽くなるなど、メリットが大きいわけですね。

 

ライトヒラメの手巻きリールランキング

 

ダイワ ミリオネアバサラ100SH・100SH-L

 

自重(グラム) 最大ドラグ力(kg) 糸巻量(号-メートル) 定価
295 7 1.5-200・2-150 43,500

 

ダイワの船手巻きリールのフラッグシップモデルです。

 

船釣り師ならぜひ使ってみたいモデルですね。

 

アルミ高剛性ボディで大型ヒラメはもちろん、青物相手にも余裕もファイトができます。

 

高性能ドラグ「ATD」搭載で、バラシとラインブレイクを軽減できるのもうれしいポイント。

 

100SH(右ハンドル)

 

100SH-L(左ハンドル)

 

シマノ オシアコンクエスト200HG・201HG

 

自重(グラム) 最大ドラグ力(kg) 糸巻量(号-メートル) 定価
285 5.0 2-200 53,600

 

シマノのオフショア両軸リールのフラッグシップモデルです。

 

剛性が高いHAGANEボディで大型ヒラメ・青物も余裕。

 

元はジギング用なだけにギアやクラッチなど、パーツ一つ一つが強化された最強リールです。

 

ヒラメにおすすめなのは、200番のハイギアモデルです。

 

200HG(右ハンドル)

 

201HG(左ハンドル)

 

シマノ ベイゲーム150・151

 

自重(グラム) 最大ドラグ力(kg) 糸巻量(号-メートル) 定価
220 5.0 1.5-200 30,000

 

2018年にモデルチェンジしました。

 

HAGANEボディで合成が高く、軽くて強いリールに仕上がっています。

 

ハンドルがパワーゲームに適したラウンドノブなのもうれしいポイントです。

 

150(右ハンドル)

 

151(左ハンドル)

 

シマノ バルケッタ300HG・301HG

 

自重(グラム) 最大ドラグ力(kg) 糸巻量(号-メートル) 定価
190 4.5 1.5-200・2-150 27,000

 

2017年にモデルチェンジしたカウンター付きリールです。

 

ヒラメ釣りは底まで落とすのでカウンターはなくても問題ないですが、ほかの釣り物で中層の魚を狙う場合はカウンターがあると便利です。

 

シマノのカウンターは電池が切れても、コイン電池ですぐに交換できるので簡単です。

 

300HG(右ハンドル)

 

301HG(左ハンドル)

 

ダイワ ライトゲームICV150H・150H-L

 

自重(グラム) 最大ドラグ力(kg) 糸巻量(号-メートル) 定価
280 4 2-200 14,000

 

こちらはダイワのカウンター付きリールです。

 

シマノのバルケッタと比べて一回り大きく、糸巻量も多くなっています。

 

2号200メートルというキャパシティは便利です。

 

ライトヒラメのほかにも、イサキやタチウオ、ウイリー五目などいろいろと使いまわせます。

 

価格設定が低めなのもうれしいですね。

 

150H(右ハンドル)

 

150H-L(左ハンドル)


page top