船釣りのクーラーボックス。釣り物ごとのおすすめのサイズを紹介します。

船釣りのクーラーボックス!釣り物に合ったサイズとおすすめはどれ?

 

 

クーラーボックスを選ぶときのポイント

 

釣った魚をおいしく食べるのは、釣り人の特権ですね。
そのためには魚を新鮮な状態で持ち帰るのが必須条件です。

 

クーラーボックスはどんなのを選べばいいのでしょうか。
ここでは釣り物のサイズごとに、おすすめのモデルをまとめました。

 

選ぶときのチェックポイントとしては、容量・保冷力・頑丈さの3つがポイントになります。

 

 

ざっとサイズの目安をわけてみると、こんな感じです。
魚のサイズが小さくても、たくさん釣れる場合は爆釣したときに入らなくなるのでご注意を。

 

シロギスなどの小型系

12〜17L

アジ・イサキ・カワハギ・マルイカなどたくさん釣れる系

17〜22L

マダイ・ヒラメ・ヤリイカ・タチウオ・中型青物

25〜35L

マグロ・大型青物

45〜60L

 

それではおすすめのクーラーボックスを見てみましょう。

 

小型系におすすめのクーラーボックス

 

シロギスやメバル・カサゴなどの根魚、小型の釣り物にちょうどいい大きさです。
持ち運びしやすく、電車釣行にも◎ですね。

 

シマノ フィクセルベイシス120

 

 

 

12Lの立方タイプのクーラーボックスです。
このモデルの特筆すべきところは、持ち運びのしやすさでしょう。

 

小型の魚がメインなら、十分な容量です。

 

ダイワ プロバイザーHD S1600X

 

 

 

モデルチェンジしてHDになった、ダイワの定番クーラーボックスです。
マッスルボディ搭載で座れる頑丈さを手に入れました。

 

クーラーボックスをイスとして使えるのは、意外と大事なポイントだったりしますよね。

 

ちなみにダイワのクーラーボックスの型番の最後についている「X」の意味は、投入口つきという意味です。
プロバイザーHDの27Lには投入口はないので、「X」がつきません。

 

アジ・イサキ・カワハギ・マルイカにおすすめのクーラーボックス

 

立方タイプか、長いタイプかどちらも選べるサイズです。
小さくてもたくさん釣れる魚の場合は、ある程度の容量があるものを選びましょう。
ヒラメ、タイ、イナダクラスの青物も視野に入れる場合は、長いモデルでしょうか。

 

シマノ フィクセルリミテッド220

 

 

 

船釣りで使うとしたら、一番使いどころが多そうな大きさです。
このモデルは真空パネルが下と前後の3面に入っていて、とても保冷力が高いです。

 

おすすめはリミテッドですが、ベイシス(ウレタン)でもOKです。

 

ダイワ ライトトランクW GU 2000RJ

 

 

 

小さめながら長めのサイズ。
軽いのに高保冷力という、正反対の特長を持っています。

 

こちらは軽量化モデルなせいか、マッスルボディではなく座れませんのでご注意を。

 

マダイ・ヒラメ・イカ・中型青物におすすめのクーラーボックス

 

船釣りで大きめの魚を狙うなら、持っておきたいサイズです。
太刀魚やアカムツなどでも使えます。

 

シマノ スペーザライト350キャスター付き

 

 

 

乗合船で見かける確率が高い、人気クーラーボックスです。
キャスターつきモデルがあるのも、うれしいところですね。

 

 

ダイワ ライトトランクW SU 3000RJ

 

 

 

軽量設計で高保冷力、容量もバッチリ。
人気なのはデザインのカッコ良さもあるのでしょうか。

 

座れないことだけが弱点ですが、座る必要がない!という人にはベストなクーラーボックスです。

 

マグロ・大型青物におすすめのクーラーボックス

 

スペーザホエールライト600

 

 

 

内寸80センチという、シマノクーラーボックス最大のサイズです。
大物釣り師なら持っておきたいサイズですね。

 

大型のキャスターがついているので、多少の段差は余裕で越えられます。

 

トランク大将U GU 5000X

 

 

 

大物釣りクーラーボックスのほかにも、キャンプなどのアウトドアイベントでも活躍します。
投入口つきで半分だけ開けることができるので、冷気を逃がしにくいのもうれしいポイントです。

 

 

 

あなたにぴったりのクーラーボックスは見つかりましたか?
対象魚によってちょうどいいサイズがあるので、あとはどのくらいの保冷力がほしいかです。

 

釣って食べて楽しい船釣り、ぜひベストなクーラーボックスをパートナーに選んでください。


page top